声優スクールに通うメリットとは

Expandmenu Shrunk


スクールに通ったって声優になれるかは自分次第

スクールに通ったって声優になれるかは自分次第

神に願う人がいる。

それも重要であろう。

だが、私は認めない。

なんの努力もせず、ただ毎日を流されるまま生活し、暇ができれば酒を飲み、ギャンブルをし、毎日を無駄に生きる人たちを。

プロの声優になりたい人がいたとする。

声優になれるには医者より難しいと知る。

それでも仕事をしながらスクールに通う。

暇ができればオーディションの練習や各プロダクションの見学。

いざオーディション。

不合格。

こちらの人生のほうが数百倍生きている心地がするのは私だけだろうか。

前者はあとには残らない。

結果はなにかしら残るかも知れないが、内容がなにもない。

後者は結果は残らないが、目標に向かってひた歩く内容が残っている。

もしかしたらその軌跡を見ている人がいて、どこかのプロダクションで拾ってくれるかもしれない。

スクール側で推してくれるかもしれない。

結局、なにが言いたいかというと、スクールに入ったところで、努力も勉強もしない人は声優にはなれないということだ。

声優業にスクールの先生

声優業をいつまでやるか。

きっと仕事がもらえるならいつまででもやるのだろう。

だが、スクールを開校する人が多数いるがこれで声優業をやめるのかと言われるとそうでもない。

スクール長になりながら、声優もこなす。

ではどうして開校するのか。

節税対策?それもあるかもしれない。

暇つぶし?そんな暇はないだろう。

きっと誰もが同じ思いで開校するのである。

まだ見ぬ将来のスターをはばたかせてやりたい、と。

そう、プロになるまでには、いろいろな人からいい意味で目をつけられなければならない。

そのチャンスを与えることができるのがスクールになるのである。

有名な声優のスクール

このチャンスをものにするかしないかは、自分次第である。

ほんの一握りにしかなれないのは当事者である本人たちが一番よくわかっている。

よくわかっていながらも夢を追う人を応援してあげたい、背中を押してあげたいという気持ちで開校するのである。

このようにスクールには目には見えない何かが輝いているのである。



コメントは受け付けていません